スポンサードリンク
 

海外旅行 関連リンク


スポンサードリンク

オーストラリアで電化製品を使うには

 オーストラリアは、赤道を挟んで日本のほぼ反対側に位置します。
 そのため、季節は日本と真逆になりますが、時差はほぼないのがうれしいですね。
 そんなオーストラリアに電化製品を持ち込む場合は注意が必要です。
 というのも、コンセント形状が日本と違うので、そのままでは差し込むことができないんです。しかも電圧も違うので、変圧器も必要になりますよ。


オーストラリアの変圧器に関するデータ

オーストラリアの電圧:240V
→日本の電圧は100Vのため、変圧器が必要。
→100V-240Vの電化製品は、変圧器不要。
オーストラリアのプラグ・コンセント形状:Oタイプ
→日本のコンセント形状はAタイプのため、変換プラグ必要。

★100Vの電化製品を持っていくなら…
 「変圧器」と「変換プラグ」の両方が必要です。
★100V-240Vの電化製品を持っていくなら…
 コンセント形状が違うので「変換プラグ」が必要。


スポンサードリンク